兵庫県小児科医会

Home » 感染症・ワクチン情報

今月の感染症情報

平成30年12月分の感染症情報

エリアマップ

尼崎市

感染性胃腸症が多く見られ、12月中旬からはインフルエンザAの流行が始まりました。
百日咳も散見されています。大人の風疹も報告があります。

最新情報http://www.amagasaki.hyogo.med.or.jp/kansen/

伊丹市

感染性胃腸炎が定点当たり4~8人と多い状況が  続いています。その次は溶連菌感染症ですが定点当たり2~3人くらいです。伝染性紅斑が後半に増えてきました。  また水痘が多くはないですが、継続してみられています。

最新情報http://www.itami-med.or.jp/kansen.html

西宮市

引き続き、溶連菌感染症と感染性胃腸炎が増えています。
11月末から、散見されだした伝染性紅斑の報告も増えました。
12月中旬からは、インフルエンザA型の報告が増え、流行しています。

最新情報http://www.nishinomiya.hyogo.med.or.jp/oshirase/kansen.html

芦屋市

インフルエンザは12月に入り増加傾向でしたが、中旬からは一気に増加し、学級閉鎖も認められました。ほとんどがA型です。しかし、年末年始は学校が休みになったせいか少し減っています。感染性胃腸炎、溶連菌感染症、水痘も認められます。

神戸市

インフルエンザはA型を中心に流行し始めております。
感染性胃腸炎と水痘が散見されます

最新情報http://www.kobe-med.or.jp/kenkou/kansensyo.html

明石市

感染性胃腸炎、インフルエンザA型が流行しています。インフルエンザ患者は急増してきました。溶連菌感染症、水痘も小流行が見られます。

最新情報http://survei.sakura.ne.jp/view/graph.php

加古川市

インフルエンザが急増しています。
溶連菌感染症、感染性胃腸炎も小流行しています。

最新情報http://www.kakogawa.or.jp/survei/day.html

姫路市

月後半からインフルエンザが急増しています。第51週のインフルエンザ患者数が371人、定点当たり10を超えて注意報レベルになりました。52週のインフルエンザは、524人と更に増えて、ウイルス性胃腸炎を抜いて1位になりました。ウイルス性胃腸炎も数は減っていますが流行しています。

最新情報http://www.himeji-med.or.jp/iinkai/tiikihoken/tiikihoken.html

北播磨

12月中はインフルエンザの少流行が見られるのみでした。
年明けから大流行が見られます。ほとんどがA型です。
感染性胃腸炎も見られます。ノロウイルスが認められます。

最新情報https://www.hyogo-pa.org/pdf/

西播磨

12月はRSウイルス、胃腸炎が散発していましたが、ロタ・ノロは少数でした。
中旬からインフルエンザが散発しはじめ、下旬から増えてきました。
他には、目立った流行はありませんでした。

丹波篠山

インフルエンザA型が、月初めからずっと流行していましたが、小流行のまま推移致しました。
溶連菌感染症と嘔吐を主とするウイルス性腸炎が、散発していました。

最新情報http://www.tanba-med.jp/infect.shtml

但馬

インフルエンザも流行は始まりましたが、年末には減少傾向です。
冬休み後がどうなるかでしょう。
胃腸風邪もノロ様で嘔吐、下痢ですが、ほとんど軽症です。

淡路島

RSウイルス感染症が依然続いています。
ノロウイルス胃腸炎も増加しています。
インフルエンザはまだみられていません。

最新情報http://minamiawaji-med.or.jp/kansen.php

兵庫県小児科医会

〒651-8555 兵庫県神戸市中央区磯上通
6-1-11(兵庫県医師会内)

TEL:078-231-4114 FAX:078-231-8111~3

入会申込フォーム