兵庫県小児科医会

Home » 感染症・ワクチン情報

今月の感染症情報

平成30年10月分の感染症情報

エリアマップ

尼崎市

比較的感染症は少なく推移しています。最近、感染性胃腸炎が少しづつ増加してきています。
相変わらず百日咳が小学校で散見されています。

最新情報http://www.amagasaki.hyogo.med.or.jp/kansen/

伊丹市

感染性胃腸炎、溶連菌が1,2位ですが、どちらもたいした数ではありません。RSVは少し減って、季節はずれの手足口病が3位になっています。

最新情報http://www.itami-med.or.jp/kansen.html

西宮市

全体的に感染症は少なく、目立った感染症の流行は見られません。
RSウイルス感染症、ヘルパンギーナ、手足口病、アデノウィルス感染症などが散見されています。

最新情報http://www.nishinomiya.hyogo.med.or.jp/oshirase/kansen.html

芦屋市

溶連菌感染症が多く認められます。感染性胃腸炎、RSなども認められます。インフルエンザは月に1~2例の報告です。

神戸市

インフルエンザの報告が少しずつ挙がってきはじめました。
また、夏風邪と言われるヘルパンギーナや手足口病がこの時期にも散見されます。
風しんは、第50週に50歳代の男性の報告がありました。

最新情報http://www.kobe-med.or.jp/kenkou/kansensyo.html

明石市

感染性胃腸炎、RSウイルス感染症が流行でしています。溶連菌感染症も小流行があります。手足口病、ヘルパンギーナも少し出ています。インフルエンザはいません。

最新情報http://survei.sakura.ne.jp/view/graph.php

加古川市

後半から手足口病が増加しています。
溶連菌感染症の小流行は続いています。

最新情報http://www.kakogawa.or.jp/survei/day.html

姫路市

相変わらずウイルス性胃腸炎で、次いでRSウイルス感染症、溶連菌感染症です。水痘が微増していますが定期接種が始まった以降の年齢では少なく、小学生で見られています。インフルエンザの報告はありませんでした。

最新情報http://www.himeji-med.or.jp/iinkai/tiikihoken/tiikihoken.html

北播磨

特に流行の大きな感染症はありません。
溶連菌感染症やRSウイルス感染症の小流行が見られる程度です。

最新情報https://www.hyogo-pa.org/pdf/

西播磨

10月も大きな流行はありませんでしたが、9月中旬~10月にかけて、相生の一部の小学校で百日咳の報告が10数例ありました。
他には、溶連菌感染、RSウイルス感染が散発している程度でした。
インフルエンザの報告はほとんどありませんでした。

丹波篠山

中旬から、RSウイルスの流行が目立つようになりました。
水痘、手足口病、溶連菌感染症が、局所的に流行しています。

最新情報http://www.tanba-med.jp/infect.shtml

但馬

散発的にRSを認めますが、最近は年中みられる疾患になったようです。
こちらでは、まだウイルス性胃腸炎の流行はありません。
局地的な、手足口病、水痘がみられます。
2回ワクチン接種後の水痘もみられますが、非常に軽いのと、診断が難しいです。

淡路島

RSウイルス感染症が、上旬は多くみられましたが、下旬から減少しております。
インフルエンザはまだありません。
手足口病が散見されています。

最新情報http://minamiawaji-med.or.jp/kansen.php

兵庫県小児科医会

〒651-8555 兵庫県神戸市中央区磯上通
6-1-11(兵庫県医師会内)

TEL:078-231-4114 FAX:078-231-8111~3

入会申込フォーム