兵庫県小児科医会

Home » 感染症・ワクチン情報

今月の感染症情報

令和4年7月分の感染症情報

エリアマップ

尼崎市

主に家庭内感染による子供のコロナ感染者が急増しています。ほとんど軽症です。その他RS感染症も急増しています。感染性胃腸炎、ヘルパンギーナ、手足口病も見られています

最新情報http://www.amagasaki.hyogo.med.or.jp/kansen/

伊丹市

7月は週を追うごとに新型コロナウイルス感染症が倍々ペースで増加。
夏かぜの手足口病と、RSV感染症がともに増加しています。

最新情報http://www.itami-med.or.jp/kansen.html

西宮市

新型コロナウイルス感染症大流行の中、乳幼児の間では
RSウイルス感染症の流行が見られます。手足口病、ヘルパンギーナ、アデノウイルス感染症の報告もあり、感染状況は混沌としています。

最新情報http://www.nishinomiya.hyogo.med.or.jp/oshirase/kansen.html

芦屋市

他地域と同様にコロナウイルス感染が増加しています。RSウイルス、手足口病、ヘルパンギーナ、感染性胃腸炎も認められます。

神戸市

新型コロナウイルス感染症の感染者が、小児を含めて増加しております。
それ以外にインフルエンザが報告されましたが、今のところ散発です。
RSウイルス感染症、手足口病が増加しておりましたが、横ばいから減少傾向になってきました。

最新情報https://kobecity-kmss.jp/

明石市

新型コロナウイルス感染症が流行しています。RSVウイルス感染症も流行しています。ウイルス性胃腸炎も流行しています。

最新情報http://survei.sakura.ne.jp/view/graph.php

加古川市

COVID-19、RSV感染症が急増しています。アデノウイルス感染症は減少傾向です。

最新情報http://www.kakogawa.or.jp/survei/day.html

姫路市

コロナウイルス感染者の増加をみとめます。
RSウイルス感染症は引き続き多くみられます。全国的に手足口病、ヘルパンギーナは過去5年に比べると下回っていますが、19週以降増加傾向にあります。局所的な感染をみとめたインフルエンザ感染も終息傾向にあります。

最新情報http://www.himeji-med.or.jp/iinkai/tiikihoken/tiikihoken.html

北播磨

情報が分かり次第掲載します。

西播磨

7月には新型コロナの第7波がこどもにも広がり、西播磨の小学校、保育施設でも散発していました。昨年に少し遅れてRSV感染も広がり、幼稚園・保育園等でクラスターがありました。胃腸炎は、ぱらぱらあった程度で、その内、アデノ陽性が数名ありました。

丹波篠山

コロナウイルス感染が増加しているのはもちろん、RSウイルス感染も現れ、ヒトメタニューモにアデノ、夏風邪系の胃腸炎、と何でもありの様相です。感染病床を成人例が占領していて、コロナウイルス陽性例に関して小児患児が入院する余地がありません。

最新情報http://www.tanba-med.jp/infect.shtml

但馬

7月はコロナ200件超えました。RSありますが、昨年のような流行にはならなそうです。手足口病の流行もありません。

淡路島

新型コロナウイルスが増加傾向にあります。RSウイルスも多く見られています。
手足口病、ヘルパンギーナが散見されています。
感染性腸炎も散見されています。

最新情報https://minamiawaji-med.or.jp/infection

兵庫県小児科医会

〒651-8555 兵庫県神戸市中央区磯上通
6-1-11(兵庫県医師会内)

TEL:078-231-4715
(火曜・木曜直通)

TEL:078-231-4114
FAX:078-265-2326

入会申込フォーム